PAK85_nagaikousokubasu20150109152440_TP_V


大分から県外に出るときは車をはじめ、JRや高速バスがあります。
高速バスは交通事情により到着時間がずれることはありますが、他交通と比べ運賃が安く、私も福岡や北九州に行くときは利用しています。

最近、北九州〜別府・大分間の高速バスが減便していることに気づきました。
東九州道が開通してから新たに生まれた北九州〜別府・大分間の高速バスだっただけに残念です。




北九州〜別府・大分間の高速バス減便

大分バスのサイトからは北九州〜別府・大分間の高速バスの記載が消えていました
西鉄バスのサイトを見ると、減便について書かれていました。
以下、引用です↓
【変更日】
平成30年4月1日(日)

【運行便数の変更】
1日8便(4往復)←1日18便(9往復)
(※ノンストップ系統は運行しなくなります)
共同運行会社の撤退のため、便数を変更させていただきます。

今年の3月まで北九州〜別府・大分間の高速バスの記載があったため、大分バスが撤退したのではないかと思われます。
以前北九州〜別府・大分間の高速バスに乗った際も人数が少なかったので致し方ないですね。。。

北九州や福岡は大分と比べ都市が大きい分、空いている駐車場を探すのに時間がかかったりするため、公共交通機関を使ったほうが便利です。
車を持たない人や長距離運転が苦手な人にとって貴重な移動手段なだけに寂しいですね。。。


変更によるメリットは?

2018年4月以降、北九州〜別府・大分間の高速バスの減便以外にいくつか変更になっています。
  • 乗降可能バス停の追加
  • 「行橋今川」バス停乗降可能
  • 運賃の値下げ
  • 予約制の廃止

上2つの変更点は北九州市近郊に住んでいる方にはちょい乗りができて便利ですね!
下2つは私にとってのメリットが大きいです。

まず、運賃の値下げについてです。
今まで基本料金2,500円で週末料金1,980円でしたが、今回の変更で1,500円となりました。
大分〜北九州間をJRで特急で安く移動しようとすると、2枚切符の2,980円です。
高速バスだとJRの2分の1の値段で利用できます。

次に、予約制の廃止についてです。
高速バスを利用するのに予約制だと今までは電話して予約をしないといけませんでした。
その電話をかける手間があまり好きではなく、変更があったときはまた連絡しなければならないのが手間でした。
予約制が廃止になったことで、急な用ができた時も気軽に高速バスを利用することができます。

大分の高速バス一覧

4月1日以降大分発着の高速バスは6つあります。
  • 大分〜熊本(やまびこ号)
  • 大分・別府〜福岡空港・福岡(とよのくに号)
  • 大分・別府〜長崎(サンライト号)
  • 大分・別府〜北九州(ゆのくに号) ※西鉄バスが運行
  • 別府・大分〜延岡・宮崎(パシフィックライナー)
  • 大分〜三宮・大阪・京都(SORIN号)

九州外に出るのは「三宮・大阪・京都」の1つしかないですね。
以前は「広島」行きの高速バスがありましたが、今は廃止となっています。


最後に

路線バスやJRも本数が減便になったりと、公共交通機関の交通の便が悪くなりますね。
地方のミニマリストとしては公共共通機関を頼りたいので、不便です。
それだけ地方では車が必須ということでしょうか?

現在カーシェアリングが大分市内でも増えてきていますので、用途に応じて使用してなるべく固定費を下げる努力をしていきましょう!

ブログランキングサイトに登録しています。
よかったら、クリックをお願いします。