USIPAS00087_TP_V

JR九州では2018年3月17日(土)にダイヤ改正が実施されました。
ダイヤ改正が実施されてから約3か月経過しました。
私の日々の生活にも影響が少なからず出てきています。

現在私は電車もバスも利用できる沿線沿いに住んでいます。
今までは30分に1本電車がありました。
私は交通状況によって到着時間が変動するバスよりもJRを利用していました。
しかし、今は時間帯によっては1時間に1本になりました。
その結果、時刻表を気にした行動を送るようになりました。

大分駅はJR九州の乗降者数で駅別乗車人員(平成28年度)4位なんです。
電車の便数が減少することには驚きました!


ダイヤ改正により大きく影響が出た箇所は?

特急列車の運転の増減はありません
しかし、快速・普通列車の運転の減少は福岡・北九州についで3番目の減少数です。

大分の主なダイヤ改正は「特急列車早朝・夜間の運転区間を見直し」です。
  • 大分方面から博多行き
列車 大分発 中津発 博多着 変更箇所
ソニック 202 号 - 5:34 7:16 始発駅が大分から中津へ
ソニック 2 号 5:21 6:04 7:49

  • 博多から大分方面行き
列車 博多発 中津発 大分着 変更箇所
ソニック 59 号 22:05 23:37 0:35
ソニック 201 号 23:01 0:28 - 大分行きから中津行きへ


以前は大分駅4時台発大分駅1時台着がありました。
今回のダイヤ改正によりなくなりました。
私はインターネットのニュースで深夜のダイヤがなくなったことを知りました。
深夜のダイヤは福岡で飲んで帰るときには大変重宝していました。
これで遅くまで飲んで帰ることができなくなりました。
どうしても遅くまで飲みたいときは1泊するしかありませんね。。。

ダイヤ改正による実際の影響

4月に情報系の試験を受けに「大分大学」までいかなければなりませんでした。
しかし、前日の大雨による影響で倒木があり電車が一時運休をしていました。

電車が使えないとなると、バス以外に公共交通機関の選択肢はありません。
しかし、バスも日曜ダイヤのため「大分大学」までの便数もほとんどありません。
また、「大分大学」まで直接向かうわけではないので、料金も360円と電車と比べ110円高いです。
タクシーで乗り合いで行っている受験生も多くいました。
結局1時間前に現地に着くように行動したのにもかかわらず、あまり時間の余裕がなく到着となりました。
帰りの電車に関しても試験が終わるタイミングのダイヤは1時間に1本しかありません

今回の試験は振り替えが行われませんでした。
試験は「公共交通機関を使っていく」よう指示がある試験が多いのが現状です。
試験を受ける際は多少お金がかかっても、公共交通機関が整っている試験会場で受けるべきだと思いました。
大分は自然豊かな分、天候によっては公共交通機関がかなり影響を受けます。
大分の公共交通機関の不便さを感じました。

最後に

あくまでも一企業なので、採算や従業員のことを考えてのダイヤ改正だと思われます。
しかし、生活と密着している分便数が減ることは利用客が不便さを感じ、さらに利用が減るのではないのでしょうか?
私も時間帯によっては価格面でも安い高速バスを利用するようになるでしょう!
せめて大きな休みやイベント時には臨時便を出すなど、臨機応変に増便してもらえると一利用者としてはうれしいです。

ブログランキングサイトに登録しています。
良かったら、クリックをお願いします。


にほんブログ村 その他生活ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村


社会・経済ランキング


節約・貯蓄ランキング