cookieIMGL9242_TP_V


チラシなど見ると、目玉商品とかの記載がありますよね?
目玉商品だからといってわざわざ遠くの場所に買い物に行くのはどうでしょうか?
本当に得なのかどうかを考えてみました。

前提条件として

あなた自身の時給単価を1000円とします。
AというスーパーとBというスーパーがあったとします。
それぞれ家からかかる時間は5分10分です。
Aでは玉子が100円で、Bでは玉子が75円で売られているとします。
単純に考えると、価格が安いBで購入すると思いますが、本当に安いのでしょうか?

計算してみる

画像


まずA〜家の往復にかかる時間とB〜家の往復にかかる時間との差はB〜家の往復にかかる時間のほうが10分余計にかかります
時給単価から時間に対するコストを計算すると167円になります。
時間に対するコストに玉子の価格を加えるとBで購入したほうが高くなります

給料など決まった額から切り崩していくため、なるべく安く抑えたいという考え方もわかります。
しかしながら、時間は有限であり1日24時間しかありません。
〇〇デーや△△祭りで列に並ぶのも同じです。
列に並んでいる時間もコストがかかっていることを忘れないでください。
どうしても欲しい商品があるのであれば、開店してすぐを狙うか人が少ない時間帯を狙うのがよいでしょう!
思い切って買わないという選択肢もありだと思います。

私は休みの日は基本的に午前中に用事をすべて終わらせるようにしています。
その理由は上にも書いた通り、開店してすぐだと人が少ないからです。

最後に

時間を売ってまでも欲しい商品がある場合はしょうがないと思います。
しかし、時給換算で物事を考えるようにすると、目先の得だけで飛びつくことはなくなるはずです。
「タイムイズマネー」という言葉があるように、無駄な時間は極力避け合理的に生活しましょう!

ブログランキングサイトに登録しています。