N612_kozakanatocyoumiryou_TP_V


体の内から健康になることを目標に最近取り組んでいます。

下記に書いてある健康方法はあくまでも「ショウ」が良いと思って行っていることであり、

万人にあてはまるわけではありません。

実践する場合は、事前によく調べてから行うようにしてください!


1.発酵食品を取り入れる

発酵食品は腸内環境を整えるのによいと言われています。

発酵食品にはいろいろありますが、私は納豆・味噌汁を毎日取り入れるようにしています。

今まではあまり気にしていませんでしたが、原材料名を確認すると、いろんな食品添加物などが入っています。

食品添加物が自分の体にどのように影響があるかはわかりません。

しかし、発酵食品など食生活に気を付けてからはアレルギー性鼻炎が出る頻度が減ってきたように思います。

なので、体の内から健康になるためには食品添加物が極力入っていないもしくは少ないものをチョイスして買うようにしています。


2.陽性の食べ物を摂取する

寒くなってくると、手足の先端が冷えます。

血の巡りが悪く、体が陰性の状態です。

そのため、体質改善を行う必要があります。

マクロビオティックの陽性の食べ物を中心に食べて、体を陽性に持っていきます。

陽性の食べ物はお肉や魚、根菜類などがあります。

味噌も陽性の食べ物です。

私は味噌汁にゴボウやニンジンなど根菜類を加えて、体質改善を図るようにしています。


3.新鮮な野菜を食べる

なぜ、旬というものがあるのかを考えてみました。

旬の時期に獲れた食べ物は、価格も安く、新鮮で栄養価も高いそうです。

健康に気を使うために、なるべく産地直送野菜か道の駅で売られている野菜を購入するようにしています。


4.水にこだわる

水道水やペットボトルの水が良いのか悪いのかはわかりません。

しかし、水道管は何十年間か交換されていないのにはたして大丈夫なのかやペットボトルの水も長期で保管できるのはなぜなのかと考えるようになりました。

自身が住んでいる場所は地下水が出るわけではありません。

という条件下で節約しながら水にこだわるためには、浄水器(定期交換)を選択しました。

水を飲む回数も就寝起床時や食前食後や入浴前後に200mlずつ飲んでいくよう心がけています。


5.ウォーキングを行う

最近、通勤をなるべく歩いて通勤するようにしています。

1日何歩歩くのがよいのかは現在調べていますが、

私は1日7500歩(通勤の往復+仕事)を目標に歩いています。

日々の生活も足せばもう少し歩いているかもしれません。

通勤にウォーキングを取り入れれば、天候に関係なく日々歩くことができます。


6.体幹を鍛える

これは目標にしながら全然できていないです。

ウォーキングをすることで足周りが鍛えられますが、

年齢を重ねると、お腹周りだけはウォーキングのみでは痩せれません。

そこで、体幹を鍛えることで、お腹周りの筋肉が鍛えられ、姿勢がよくなり、ウエストも細くなるらしいです。

ただ継続がなかなかできていません。

継続できるよう努力していきたいと思います。


7.1日2食にする

1日3食が良いや1日1食が良いなど様々ありますが、私が実践しているのは1日2食。

なぜ、1日2食なのか?

今まで3食お腹いっぱい食べてきた結果、体重が増えてきました。

そこで体のことについて調べました。

人間の消化、吸収、排泄のサイクルがおよそ12時間〜15時間であるといわれているからです。

私の今の勤務形態からすると、夕食が食べれるのは20時前後です。

15時間後となると、11時前後となり、12時のランチ時間に近い時間となります。

ということで、私は昼食と夕食を食べるようにしています。


最後に

全部を完璧に実行するとなると、がんじがらめになってしまい、続かなくなってしまいます。

適度に友人とご飯に食べに行ったりしてもかまわないと思います。

ある程度指針を立てると、実行しやすいかなと思いますので、

皆さんにあった健康生活を取り入れてみましょう!